シアター・プノンペン

プノンペン シアター

Add: vasafyla99 - Date: 2020-11-22 22:54:10 - Views: 9019 - Clicks: 8813

『シアター・プノンペン』(原題: The Last Reel)は、年のカンボジア映画。1970年代のクメール・ルージュによる大虐殺を潜り抜けた1本の恋愛映画をめぐるヒューマン・ドラマ。. プノンペンのシアター: トリップアドバイザーでプノンペン, カンボジアの 5 件のシアターの口コミや写真を表示します。. 【公開】 年(カンボジア) 【監督】 ソト・クォーリーカー 【キャスト】 マー・リネット、ソク・ソトゥン、トゥン・ソーピー、ディ・サーベット、ルオ・モニー 【作品概要】 年に、ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門審査員特別賞した『ルイン(Ruin)』などのプロデューサーを務めてきた、ソト・クォーリーカーの初監督作。 年に、映画祭上映時のタイトル『遺されたフィルム』で、第27回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で国際交流基金アジアセンター特別賞受賞しました。. 映画「シアター・プノンペン」(旧題: 遺されたフィルム) カンボジア映画 監督:ソト・クォーリーカー /11/06 映画「映画よ、さようなら」 (ウルグアイ映画) 監督:フェデリコ・ベイロー /11/03. LTD 『シアター・プノンペン』の女性監督ソト・クォーリーカーは、1973年のカンボジアで出身。子どもの頃の社会背景は、クメール・ルージュ政権下と、政権崩壊後の混乱と内戦のカンボジアで成長してきました。 。 2つ目は、ポル・ポト時代に蹂躙されたカンボジア映画史を見つめ直している点です。 まずは、女性監督ソト・クォーリーカーについてです。 彼女が、映画を志すようになった、きっかけの作品があります。. 『シアター・プノンペン』は年の映画。『シアター・プノンペン』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォト. 「シアター・プノンペン」の解説、あらすじ、評点、20件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - ポル・ポト派によるカンボジア大弾圧の時代を潜り抜けた映画をめぐる人間ドラマ。偶然寄った古い映画館で、女子大生のソポンは銀幕に映る若き日の母を. 監督は「トゥームレイダー」のライン・プロデューサーを務めた ソト・クォーリー.

『シアター・プノンペン』無料配信はこちら 年5月7日までです! 英語字幕付きですが、英語が苦手でも、ある程度は理解できると思います。. 7。みんなの映画を見た感想・評価を. See full list on cinemarche. シアター・プノンペンを見たユーザーからの映画の感想・レビュー・評判などクチコミ情報を掲載しています。映画鑑賞の. カンボジア映画界初の女性監督ソト・クォーリーカーが手掛けた『シアター・プノンペン』の予告映像が公開された。本作は、カンボジアの反政府組織“クメール・ルージュ”の圧政を背景にした母と娘の壮大な物語だ。 クメール・ルージュとは、1975年より台頭した、指導者ポル・ポト率いる.

シアター・プノンペン のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!. 対象商品: シアター・プノンペン dvd - マー・リネット dvd ¥4,180 在庫あり。 この商品は、そふとやが販売および発送します。. シアタープノンペン(字幕版) ( 8 ) 1時間45分 R15+ ある晩、ソポンは廃墟のような映画館へ迷いこむと、古ぼけたスクリーンには自分とそっくりの少女が映し出されていた。. 映画『シアター・プノンペン』 大弾圧の時代――眩しく輝いていた母の恋 知られざる家族の真実! 過酷な運命のなか半世紀を超えて命を賭けて守り抜いた一本の映画とは! 『シアター・プノンペン』は、そんな悲劇の時代を潜り抜けた1本の恋愛映画を巡って繰り広げられる、壮大なヒューマン・ドラマである。 ※クメール・ルージュ:Khmer Rouge(フランス語) カンボジア共産党のこと。.

『シアター・プノンペン』を作ろうと思ったきっかけについてもお聞かせ下さい。 クォーリーカー :年頃『トゥームレイダー』でライン・プロデューサーになって以来、映像作家になりたいと思っていました。. 「シアター・プノンペン」は、現代に生きるカンボジア人の「ポル・ポト時代」(クメール・ルージュ支配下)に対する心の葛藤を描いた作品。 カンボジア人監督がカンボジア人にとってタブーとされるテーマに正面から向き合った作品として、世界的に高い評価を受けている映画です。. LTD ソト・クォーリーカー監督は、映画を製作するための取材で、クメール・ルージュ時代の高官や、虐殺を執行した軍人たちにインタビューを行なったそうです。 その際に、脅されることや嫌な思いもしたそうです。 そのような中で、罪もなく殺された人たちの代わりに、“自身が目の前にいる彼らを殺そうか、それとも許すべきなのか”、悩んだそうです。 映画とは娯楽。なので、興行成績の数字で踊ることも時には大切なのは理解はできます。 しかし、また、映画の1つの特性は、マイノリティがマジョリティに対して反骨の持てる文化でもあります。 映画は、芸術とは違い、権力者やお金持ちのみの所有物ではない、弱気者と寄り添ってきた歴史もあります。 女性監督クォーリーカーという人が、『シアター・プノンペン』を完成させた思いには、女性しか感じ得ない感覚や、抱えた深層があったのではないでしょうか。 ぜひ、あなたの中で見つめて欲しいと作品。この機会に、ご覧いただきたい、カンボジア映画史に残る秀作です!. More シアター・プノンペン images. LTD 首都プノンペンに暮らす女子大生ソポン(マー・リネット)は、病に伏せる母(ディ・サヴェット)と、軍人の父(トゥン・ソーピー)、生意気盛りの弟との四人暮らし。ある日、偶然迷い込んだ映画館で1970年代のポル・ポト政権下に製作された古い映画の中に、若き日の母親が出演していた事実を知ります。 映画のタイトルは「長い旅路」。映画は、クメール・ルージュが、カンボジアを支配する前の年、1974年に作られ、クメール王国を舞台にしたラブ・ストーリーでした。 しかし映画には、最終の一巻がありません。映画館の映写技師ソカに尋ねても理由はわからず、ソポンはソカとのやり取りから、ソカこそが「長い旅路」の監督ではないかと想像します。 今ではすっかり衰え生きる気力を亡くした母は、かつて自分が女優ソテアだった事実を語ろうとしません。娘のソボンは、そんな母を元気づけるためにも「長い旅路」を完成させて、見せてやりたいと思いつきます。 実は、ソカは40年前、ソテアと愛し合っていました。しかし、クメール・ルージュの圧政によってふたりの仲は引き裂かれます。そして、2人は、もし生き延びることが出来たなら、この映画館で会おう、と約束をしていたのでした。 ソカは、その約束を守り古ぼけた映画館「シアター・プノンペン」で、今なお最終の一巻が欠けたままの「長い旅路」を映写し続けていました。 ソポンがソテアの娘と知り、ソカは、動揺するのでした。 「長い旅路」は、ソテアが演じる村娘を見初めた王子の弟が村娘を盗み、村娘は仮面の田舎男に助けられ王子の元に送り届けられる場面で終わっていました。 ソテアは、映画のラストの撮影へと動き出すのですが.

『シアター・プノンペン』の独自性 本作のあらすじは次のとおりである。舞台は 年のプノンペンとその近郊で、2週間ほどの出来事を 描いている。経済学を学ぶ大学2年生のサオポアン は、軍人で厳しい父ボラと心身ともに病弱な母スレイ. 映画はクメール・ルージュがカンボジアを支配する前年の1974年に作られたクメール王国を舞台. ドキュメンタリーカルチャーマガジン「neoneo」掲載 弊社代表 中野理惠の連載 「すきな映画を仕事にして」第38話で『シアター・プノンペン』に触れています. シアター・プノンペン()の映画情報。 評価レビュー 54件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:マー・リネット 他。 ポル・ポトによる独裁政権時代をくぐり抜けた1本の恋愛映画をめぐり、現代の女子大生がカンボジアの過酷な1970年代を生きた家族の真実に向き合う姿を描くドラマ。. 『シアター・プノンペン』は、そんな悲劇の時代を潜り抜けた1本の恋愛映画を巡って繰り広げられる壮大なヒューマン・ドラマである。 カンボジア映画史上初の女性監督! シアター・プノンペンの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。これが初監督作となるカンボジアの新鋭女性監督ソト・クォー. 『シアター・プノンペン』作品情報 【注目のニュース】 “超実写版”『ライオン・キング』ジョン・ファヴロー監督が来日 「新しい世代に向け. 「シアター・プノンペン」 の解説・あらすじ・ストーリー 悲劇の時代を潜り抜けた1本の恋愛映画をめぐって繰り広げられるヒューマンドラマ。�.

More シアター・プノンペン videos. · 「シアター・プノンペン」7月2日(土)より岩波ホールにて公開。. (C) HANUMAN CO. 。. シアター・プノンペン 動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【シアタープノンペン】アジア映画の洋画。【あらすじ】プノンペンに暮らす女子大生のソポンは、病を患う母と厳しい軍人の父、そして口うるさい弟との. 年のカンボジア映画です🇰🇭監督はソト・クォーリーカー。女性監督の初作品です。カンボジアで生活している女子大生のソポン(マー・リネット)は、ある日、偶然入った古い映画館で、母(ディ・サヴェット)が若い頃に主演を務めた映画を目にする。その作品はクメール・ルージュが.

シアター・プノンペン

email: bazuvaho@gmail.com - phone:(968) 887-1113 x 6221

アーカイブシリーズ よみがえる総天然色の列車たち 4 昭和30~40年代の国鉄蒸気機関車 西日本篇 宮内明朗8ミリフィルム作品集 - 未来ポリスレディー 起動せよ

-> 日本むかし話 5 一休さん/かちかちやま/かもとりごんべえ
-> 舞台「クジラの子らは砂上に歌う」

シアター・プノンペン -


Sitemap 1

透明人間(3巻セット) - たのしい英語のうた アルファベットのうた